NFT

毎朝早いもの勝ちでNFTフィギュアがもらえる「Chiko & Roko」(チコロコ)とは?

巷では様々なNFTや○○ To Earn系がプチブームになっている。CryptoNinjaに、STEPN、最近だとAgletやSleepagotchi。その中でも密かにお気に入りなのが、毎朝1つのNFTフィギュアを集めることができる「Chiko & Roko」、通称チコロコだ。

最初から言っておくと、僕がこれをブログにまとめるのはデメリットでしかない。というのも、毎日獲得できるNFTの数が限定されているため、チコロコの存在を知る人が増えれば増える程競争率を上げてしまうから。でも、日本語の体系的な情報が少ないので一度まとめてみたい。

この記事経由で知って始めたいって人いたら、せめてお互いNFTフィギュアと交換できるゴールドが入手できる招待リンク経由で登録してほしい(切実)

Chiko & Roko(チコロコ)ってなに?

Chiko & Roko、通称チコロコは毎日無料+数量限定でNFTアート=フィギュアをゲットできるプラットホーム。ハリネズミとウサギの形をしたフィギュアをベースに世界中のアーティストやクリエイターがデザインを作成していて、シークレットドロップを除いて毎日1個ドロップ=配布される。(ちなみにハリネズミの形がチコ、ウサギの形がロコ。公式のロゴマークがヒント。)

NFTだけあって、1つ1つのフィギュアに固有のシリアル番号が振られていて、唯一無二。ブロックチェーン情報も保持している。

本社がドバイにあって、元々去年の10月〜今年3月まで開催していたドバイ国際博覧会の期間限定イベントとしてスタートしたものが、人気になり今でも続いてるらしい。

物理的に存在するフィギュアではなく、あくまでデジタルデータ。入手したらコレクションしたりARモードで楽しんだりすることができる。

本当に無料?

後述するゴールドという通貨を購入してガチャ的にフィギュアを獲得する方法もあるが、毎日のドロップは完全に無料。今後はOpenseaでNFTの売買も始まるそうなので、そのタイミングで購入や交換できるようになるはず。

Chiko & Roko(チコロコ)の登録方法

今はブラウザ版のみの提供(アプリ版は開発中とのこと)

こちらからApple・Google・Facebookのいずれかで登録。ウォレット情報を登録するセクションもあるが、フィギュアの売買がはじまった時点で追加すれば良いので現時点ではスルーでok。

登録するとサービス内通貨ゴールド×10をもらうことができる。(ゴールドについては後述)

Chiko & Roko(チコロコ)NFTの集め方

大きく3種類の方法がある:

1. 毎朝の配布

毎日特定の時間になるとホームページの一番上に新しいフィギュアと「Collect your gift」のボタンが表示される。本社があるドバイ基準だと思うが、日本時間だと朝の5時。そしてだいたい5時付近はアクセスが集中してサーバーが重くなる。配布総数が多いNFTは1日かけてゆっくり取得されるからそんなに急がなくて大丈夫だが、配布数が少ない=レアなNFTはすぐになくなってしまう。まさに早朝の争奪戦。もし本気で毎朝もれなく獲得したい人は時5時起きの生活がオススメです。

各フィギュアの配布数や取得数は下図参照。

2. 25ゴールドでフィギュアと交換できる

Chiko & Rokoにはゴールドというゲーム内通貨があり、25ゴールドを使って過去の未取得のフィギュア1つとランダムで交換することができる。

ゴールドの獲得方法は2つある:

1. NFTを1つ獲得すると、1ゴールドもらえる。
つまり毎朝NFTフィギュアを集めさえすれば1ゴールドは獲得できる。

2. 友達を招待すると5ゴールドもらえる。
友達招待リンク経由だと5ゴールド=5日分のゴールドが付与される。

3. ランダムでシークレットドロップ

これはいつどこで配布されるかも分からないかつ数量もだいたい少ないので、ひたすらアンテナを張ってないといけない。どこで情報交換されてるかは後述。

レア度別NFT

こちらが配布される個数別のレア度の早見表。

過去のカタログを見れば分かるが、CommonやRareが多く、たまーにSuper RareやEpicも出るが、やはり数が少ない分すぐになくなってしまう。もしSuper Rare以上を狙いたいのであれば毎朝5時起きを覚悟したい方が良い。

また各NFTフィギュアについてるラベルが3種類ある。

  1. シークレットドロップ=「S」のマークがつく。
  2. アニメーション付き=ARモードにするとフィギュアが動き出す。
  3. ブラインドボックス=開ける人によってレア度が変わる、くじ引き的なシステム(元のモデルは一緒だがレア度別に色や素材が違うことが多い見たい)25ゴールドを使ってNFTフィギュアと交換する仕組みもこれらしい。

これまでのNFT

メニューの「カタログ」を遡れば全フィギュア確認できる。2022年7月1日時点で434種類のフィギュアが配布されていることがわかる。(更新:2022年10月時点でコレクションの総数は非表示になってました)

Chiko & Roko(チコロコ)のNFTフィギュアに価値はあるの?

これはNFTの売買がはじまっていない同系のサービスに対して全体的に言えることだが、Opensea等で売買が始まってみないとなんともいえないのが正直なところ。正直価値があるNFTはレア度が高いから価値があるわけで、10万個も配布されているCommonレベルとかだとあまり価値は期待できず、RareやEpicならまだ価値はあるかも。

今後の展開についてはこちらの公式ブログ記事にまとまってるが、まずはOpenSea連携、続いてTelegramアプリ化、フィギュアのセット化、そしてユーザー間でフィギュアの売買、みたいな流れ。が、具体的に何がいつくるかみたいなのは発表されてない。

ちなみにマーケットでフィギュアを売ると、手数料が20%(アーティストに10%、プラットホームに10%)かかるとのこと。

どこで情報交換されてるの?

主にアクティブなのが公式のDiscordと、各言語別に分かれているTelegramチャンネル

Discordは #Choose-language のチャンネルで日本の旗を選択すると Other Languages内に #Japanese のチャンネルが追加される。Discord限定のドロップもあったりするそうなので要チェック。

Telegramは日本語のチャンネルはない日本語のチャンネルできました!)、下記の14言語分のチャンネルがある。いくつか(読めないが)潜入してみたが、中国語チャンネルとスペイン語チャンネルはだいぶアクティブ。たまにTelegram限定のシークレットドロップ情報もある。

また公式ではないが、こちらのLINEのオープンチャットでもたまに情報交換がある。

それから公式のMediumブログは英語のみだが、今後の展開やチーム情報などが公開されている。

他にもTwitter、Instagram、Facebook、Youtube、VK(ロシア圏のSNS)などのSNSでも情報発信されている。(この間VK限定ドロップもあったので、どこでシークレットドロップがあるか分からない)

Chiko & Roko(チコロコ)の招待リンク

上述したが、紹介コード経由で登録するとゴールドを入手できるのでよかったらこちらからぜひ。

https://expo.chikoroko.art/referral/l786dsalwf

以上。いろんな人に見られたい気持ちと見られたくない気持ちが混ざってて変な感じですが書きました。

ではまた。

(使用した画像は公式ブログから拝借してます)

ken

#旅するデザイナー 🇬🇧×🇯🇵 1990年生まれ。広告代理店、スタートアップを経て2020年より日本中転々と旅しながらUI/UXデザインの仕事をしています。旅の途中で訪れた場所やその時々の感情について忘備録代わりに綴るブログです。2022年より南米バンライフ2人旅をしています。

kenをフォローする
tabisuru.design

コメント

タイトルとURLをコピーしました